2007 − 2011

 

2007年

1/30-4【二人展】「ミロクノマリョク 其ノ四」展(青木画廊・宮崎市)

8/14-19【二人展】「ミロクノマリョク 其ノ五」展(ギャラリー夢たまご・西都市/宮崎県)

10/1【連載】紙上レッスン「エンジョイ写真術」始まる(毎週、全48回)(宮崎日日新聞社)' 08年9/29まで

10/24【連載】写真コラム「西米良だより」始まる(毎週、全72回)(西日本新聞/山口、九州全域・朝刊)' 09年5/27まで

11/30【講演】「郷土に帰った写真家として」(西都・西米良地区小中学校教頭会・西米良村)

11/30【講演】「郷土に帰った写真家として」(西都・西米良地区小中学校校長会・西米良村)

 

2008年

2/26-3/2【二人展】「ミロクノマリョク 其ノ六」展(青木画廊・宮崎市)

3/26-4/25【個展】「空 地 風 彩」展( JALリゾートシーホークホテル福岡・福岡市)

4/29【個展】「空 地 風 彩」展(宮崎県立美術館・宮崎市)

同名のタイトルを福岡で2回で開いたが、宮崎では美術館で開催する。広い壁面に対応するために初めて大型プリンターを用いて展示する。B0サイズプリント24点、B1サイズを4点。

7/25-9/7【個展】「寝っ転がって観る写真展」(夏米良芸術祭・西米良村/菊池記念館)

菊池武夫公の別邸だった「菊池記念館」の日本間に大型スクリーンを配置した。観覧者はい草の枕をあて、寝っ転がってスクリーンに投影された西米良の風景写真を鑑賞するというスタイル。吹き抜けるそよ風に風鈴が涼を呼び、予想どおりほとんどの観覧者は寝入ってしまった。「続きは夢の中で」がコンセプト。

 

2009年

3/3-3/8【二人展】「ミロクノマリョク 其ノ七」展(青木画廊・宮崎市)

3/31【発刊】「西米良神楽」(西米良村教育委員会編/鉱脈社 刊)・西米良村に伝わる「村所神楽」「小川神楽」「越野尾神楽」三座の神楽三十三番を全て撮り下ろす。

6/27【連載】写真コラム「西米良歳時記」始まる(毎月、全5回)(西日本新聞/九州全域・朝刊)10/24まで

8/25-30【個展】「5年後の若者図鑑」展(宮崎県立美術館・宮崎市)

「西米良発 若者図鑑」で撮った若者たちの5年後を追った。大型フィールドカメラ8✕10(エイトバイテン)で1枚だけ撮影する手法に挑む。撮る側、撮られる側に距離感は無く、両者は1枚のフィルムに重なり合うもの。かつてアシスタントを務めてくれた高橋慎一(東京在住)、土屋育子(イングランド・ニューカッスル在住)も宮崎入りして参加。高橋がキューバ、土屋がイギリスを撮り下ろした作品を発表。展覧会名「ニシメラ・キューバ・イギリス」

9/10【発刊】「おかえり」(石風社 刊)・西日本新聞に72回連載した「西米良だより」をまとめた西米良写真日記

12/15-27【個展】「西米良神楽」(ギャラリー夢たまご・西都市/宮崎県)

 

2010年

4/20-25【二人展】「ミロクノマリョク 其ノ八」展(宮崎県立美術館・宮崎市)

12/3-9・12/17-24【選出】「Made in Japan」現代を代表する226人の写真家が捉えた日本展(富士フイルムフォトサロン/東京・富士フイルムフォトサロン/大阪)・日本広告写真家協会が公募したプロ写真家の作品から「5年後の若者図鑑」の写真が選出される。

10/17【講演・審査】第32回宮崎県高等学校総合文化祭写真部門(小林市/宮崎県)

 

2011年

1/5-16「ミロクノマリョク 其ノ九・福岡」展(村岡屋ギャラリー・福岡市)

1/18-23「ミロクノマリョク 其ノ九・佐賀」展(村岡屋本店・佐賀市)

1/29【講師】第11回ドキュメンタリーフォトフェスティバル宮崎 (宮崎市)

3/5-20・4/5-10【選出】第39回「APAアワード2011」展(東京都写真美術館・大阪市立美術館)

宮崎の「口蹄疫事件」を払拭する西米良村観光協会のポスターが入選。写真、コピー、デザインを担当制作

3/23-3/31【グループ展】「写真家のプロフィール」展(APA本部ギャラリー・東京都)・西米良の風景1点出展

10/1-11-30【個展】「最後のお仕事展」(西米良芸術祭イチイチ・西米良村)

7月に終了したテレビのアナログ放送で大量のブラウン管テレビがゴミになった。そのテレビたち12台を円形に設置。「最後のお仕事」と題して村の未来を担う小中学生88人のポートレートを12台同時に映し出した。

11/1・2【講師】「美術授業にカメラ」公益社団法人 日本広告写真家協会主催(西米良中学校・五ヶ瀬中学校/宮崎県)

11/4 カフェ・ギャラリー 「ラ・メール 」オープン

小河の写真をはじめ、さまざまなアート作品を展示するギャラリーを開設。妻が珈琲を淹れて、手作りのチーズケーキを提供する。

12/16-18【グループ展】「写真家達によるチャリティ写真展 ⑮」(富士フイルムフォトサロン/東京)

西米良の風景1点出品買い上げ

 

Copyright © Ogawa Takahiro 2015 All Rights Reserved.