BOOKS

CONTACTから、書籍名、冊数をご記入のうえご注文下さい。署名(サイン)入りはここからのご注文のみです。

お支払いは郵便振り替え用紙を在中しますのでご入金下さい。
* サインをご希望の方は通信欄にお書き添え下さい。このように入ります。👉
書籍サイン
カメラメラ ブックス刊以外の本はAmazonでのご注文が可能です。アイコンをクリックしてご購入下さい。

注文をお受けした当日にはご返事いたしますが、何らかの理由で受信できないこともございます。2〜3日しても返信がない場合は、再送とお伝えのうえ、もう一度ご送信下さい。

上を向いて行こう  300/300冊

(カメラメラ ブックス刊/A4変形(220mm×280mm)92ページ 2019年7月8日発行)

¥ 2,500(税込)

・西米良村在住、平成生まれの男女40人を収録
・全作品モノクロ 
・初版300冊限定発売  
・全冊にエディションナンバーを記載

『CONTCT』からご注文下さい。書店では販売されていません。

◉ 郵送をご希望の方は送料120円(今月20日までそれ以降200円)の追加で全国へお送りします。お支払いは郵便振替用紙を在中しますので、到着後にお支払いください。

アサンポノススメ  完売/300冊

(カメラメラ ブックス刊/297mm×225mm・横位置 100ページ 2017年9月19日発行)

¥ 3,240(税込み)

朝の散歩で出会った西米良の風景95作品を収録。新鮮な空気を吸って、絶景を独り占め。ご同輩、50を過ぎたらアサンポノススメですぜ。

・朝霧に潜む山桜、稲穂が揺れる水田、深いブルーに染まった山々・・・。ページをめくるたびに、山里の清涼な風が吹いてくる。そんな写真集だ。(西日本新聞 読書館 より)​

オガワタカヒロ 毎日行進

(忘羊社刊/四六判変型・横位置 96ページ 2014年9月18日発行)

 

¥ 1,650(税込)

毎日書き続けているブログの2010年1月1日から2014年7月31日までの1,672話の中から、161話を選びました。写真のこと家族のこと西米良のこと。美は日常にあり。

 

・おそらく村外の人が見ているのは表層部分だ。折しも村は定住・移住対策に力を入れはじめた。興味のある人は観光地ではない西米良の姿をのぞき見るつもりで手に取ってみてはいかがだろうか。(宮崎日日新聞 うすでこ より)

結いの村 小河孝浩 写真集

(石風社刊/A4変形 84ページ ハードカバー 2012年8月11日発行)

 

¥ 2,200(税込)

村出身の男性に村外から嫁いで結ばれたご夫婦、38組、76人を撮り下ろしました。嫁いだ女性たちは「ここに住む」という覚悟を持って入村し、その陰には人知れぬ苦労があったと想像します。二人を育んだ西米良の風景をバックに、全てのカップルに手をつないでもらった写真は全点モノクロです。

「小河氏の写真集はこの村で暮らすカップルを通して、過去と未来をつないでいる」

                          橋口譲二(本書より)

「第23回宮日出版文化賞」受賞作品(2013年度)
「第29回東川賞」推薦候補作品
(2013年度)

おかえり 西米良写真日記

(石風社刊/B5変型並製134ページ 2009年9月10日発行)

 

¥ 2,530(税込)

​このSHOPからご購入いただければ、¥2,000(税込)で販売いたします。

 

西日本新聞(九州全域版)に1年7ヶ月(週1回 全73話)連載した「西米良だより」が本になりました。見て良し、読んで良しのフォトエッセイです。 

 

・都会暮らしでは得がたい日本の原風景に懐かしさを覚え、村を訪ねてみたくなる1冊だ。(日本経済新聞 BOOK ブック この1冊 より)  

・東京と西米良は対極にある。一方を知れば、おのずと他方も見えてくる。「おかえり」は、写真家の心象風景でもあるのだ。(西日本新聞 本と人 より)

西米良神楽西米良神楽解説書作成委員会 編集)

(鉱脈社刊/2009年3月31日発行/共著)

 

¥ 3,520(税込)

 

西米良村に伝わる「村所神楽」「小川神楽」「越野尾神楽」三座の神楽三十三番を全て撮り下ろした。

 

「第20回宮日出版文化賞」候補作品(2010年度)

Copyright © Ogawa Takahiro 2015 All Rights Reserved.