記憶の鏡

【2013・7/30-8/11/村岡屋ギャラリー・福岡市】

 

 

生まれも育ちも西米良村です。父も母も、ずっと先の先祖もこの村で暮らしてきました。幼い頃の記憶に残っている風景は、釜戸でご飯を炊く母に、眩しく差し込んできた朝の光。嫌だった風呂焚きをやらされながら聞いた夕暮れのヒグラシの声。何でもない日常の時間に強い想い出が残っています。(展覧会メッセージより)

Exhibition・media
1/1

Copyright © Ogawa Takahiro 2015 All Rights Reserved.

写真をクリックすると拡大します