結いの村

【2012・7/25-8/5/宮崎県立美術館・宮崎市】

【2012・9/15-10/31/西米良村・宮崎県】

【2012・11/17-18/諸塚村・宮崎県】

【2013・1/24-2/28/高千穂町・宮崎県】

【2012・8/11発行/小河孝浩写真集 結いの村(石風社 刊)】

 

村で暮らすご夫婦37組、74人の方々を撮り下ろした。正確には自分たちを入れて38組76人ということになる。みな西米良村生まれの男性に村外から嫁いだ女性というカップルだ。

 

以前から温めていたテーマだったが、ようやく撮影、発表にたどり着いた。2001年に東京から家族を連れて帰郷する際、「ついて行きます」と言った妻であったが、彼女にしてみれば「夫について行く」ということで、西米良について行くことではなかった。理解できない言葉、文化や風習の違いにしばらく悩んでいたが、地元に根付いた協力的な子育てと、村人との交流が彼女を大きく成長させた。「我慢するしかなかった」と当時を振り返る言葉を聞くと、私が十分に受け止めていたかどうか恥じる気持ちにもなる。そんな思いもあり、村内に在住する同じ境遇のご夫婦に撮影をお願いしたという経緯があった。

お名前と一緒にあるコメントは撮影時にアンケート用紙をお渡しして、奥様に書いてもらった。長い文章で想いを綴った方もあったが、文字数の都合で要約して掲載した。レンズの焦点距離、絞りは固定、できるだけデータを変えずに撮影することで画角の変化を押さえた。短編小説が淡々と進行するように流れを作りたかったからだ。静寂な写真から表出する「ふたりの物語」を感じていただけるだろうか。(写真集より)

Exhibition・media
1/1
1/2

Copyright © Ogawa Takahiro 2015 All Rights Reserved.